分かり易い 禅語  暗証(あんしょう)

この記事は約1分で読めます。

暗証(あんしょう)

ATMなどを使う時に必要な、暗証番号の「暗証」は禅の言葉からきています。

これは、禅師が安易な考えを持った弟子を退ける為に使った言葉とされています。

 

口だけでは、どれだけ大きい事だって言えます。

でも、誰かに認めてもらうとなったらさらに努力を重ねなければなりません。

それが、自称と誰かに認めてもらう事の大きな違いではないでしょうか。

 

違い

 

ATMの暗証番号は、私たちがATM(銀行側)に”本人んですよ”と認めてもらう為に打ち込んでいます。

要は、”自称”ではなく”認められている”のです。

例えば、どれだけ自分で英語が話せるよと言っても、海外に行っった時に通用しなければ、出来ない事と同じです。

そういった慢心を押さえる意味を持った言葉になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました