分かり易い 禅語 一笑千山青(いっしょうすればせんざんあおし)

この記事は約1分で読めます。

一笑千山青(いっしょうすればせんざんあおし)

辛い時、苦しい時、そんな時ほど笑っていよう。

辛い時、苦しい時、笑う事で、不安や心配事なんて無くなり、進むべき道が見えてくる。そんな禅語です。

心がすべてを生み出してる

曹洞宗のお寺の住職で『心配事の9割は起こらない』など多くのベストセラー著書がある枡野俊明さんによれば、この禅語は、

「一笑千山青」(一笑すれば千山青し)とは、「悟りきってしまえば、目の前の世界が開け、すべてが生き生きと蘇る」という意味の禅語です。

という事らしいのですが、これをもう少し分かりやすく分解すると、

「感情は、全て心が生み出している産物。だからこそ無理にでも笑う事で、心から心配や不安が少なくなり、『なんだ大丈夫じゃん!』という風に心が軽くなるよ」っていう事だと分解する事が出来ると思います。

負の感情はどんどん足元しか見せない様にしていきます。

『だけど、本当にそうなの?』という疑問が大切で、切羽詰まった時にこそ、そう思える余裕が生まれる様にすることが大切だと思います。

だからこそ、

苦しい時ほど、笑ってみる。

悲しい時ほど、笑ってみる。

辛い時ほど、笑ってみる。

事が必要になると思います。

 

今、苦しんでいるのならば、笑ってみよう。そうすれば、道が開けるかもしれない。

下記も良かったらどうぞ(^^)

苦しみの手放し方

新品価格 ¥1,650から (2020/10/22 20:52時点)

禅happiness: 家で始める心の健康、働く女性のためのストレスマネジメント 禅を知るシリーズ

新品価格 ¥968から (2020/10/22 20:53時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました