分かり易い 禅語 無心帰大道 (むしんだいどうにきす)

この記事は約1分で読めます。

無心帰大道 (むしんだいどうにきす)

意外な所にある事実は、緩やかに周りを見てないと見えてこない。

 

力み過ぎず、思い過ぎず。

悟りを得るには、悟りを得たいという気持ちを捨て去らないと得られない。

勉強でも仕事でも、「覚えるぞ!」と意気込んでいる頃は覚えていません。

そんな事を忘れ、無心に打ち込んで気がつけば、当たり前に出来るようになっている。

そうやって欲や執着を捨てさり無心に歩んでいれば、気がつけば悟りを得られているということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました