分かり易い 禅語 挨拶(あいさつ)

この記事は約1分で読めます。

禅語 挨拶(あいさつ)

挨拶で人の調子を知り、自分の調子を知ってもらう。そんな心の会話。

挨拶というのは、昔は師匠が弟子の力量を推し量る為に行われたそうです。

 

つながるという事

誰でも、「おはよう」と会社や学校、家の中でも挨拶しますよね。成功している方は挨拶に力を入れている方も多いと思います。

挨拶をする事で、相手の調子を知れたり、自分の調子を伝えられたり出来ますよね。もし、その時は何も言わなかったとしても、表情などから察する事も出来ると思います。

また、京都の老舗のお店の女将は、挨拶からきっかけが出来て、顔を覚え、名前を覚え、好みを覚える事でこの店は何百年ももっていると語ったそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました