分かり易い 禅語 放てば手に満てり (はなてばてにみてり)

この記事は約1分で読めます。

禅語 放てば手に満てり (はなてばてにみてり)

執着に、囚われなくなると、今まで不快な思いや、悲しい思い、慢心などのそんな思いが目の前から消えていく。

心が作り出すもの

私たちの感情は、今まで経験してきた過去が思考に変わり作り出した産物に過ぎない。それは、「正しく」もないし「間違え」でもない。

ただ、自分の意見なだけ。

だから、相手によったら意見の相違で争いになったりする。だけど、その争いの根底には執着があり、執着があるからこそ、様々な感情が湧きあがってくる。

要は、自分で自分の首を絞めているのだ。

だからこそ、考えを分離しなければならない。

自分の考えを大切にしつつ、相手の考えもあるよね。という考えが大切になってくる。

また、これは対人だけに当てはまるものでもない。

自分自身に厳しければ、自分自身を苦しめる場合もある。

「まぁいっか。」という思考が大切になる。

下記も良かったらどうぞ(^^)

苦しみの手放し方

新品価格 ¥1,650から (2020/10/22 20:52時点)

禅happiness: 家で始める心の健康、働く女性のためのストレスマネジメント 禅を知るシリーズ

新品価格 ¥968から (2020/10/22 20:53時点)

コメント

タイトルとURLをコピーしました